top of page

帰ってもらう儀式



定常通り、罔象能売会(滝落ちの会)を9月24日14時−20時に決行します。

ただ滝を見て、お話するだけの会で、出入り自由です。


しかし今回は以下の注意点があります。


電気神殿メタコイノンは、コミュニティ空間の実験(特に今回は排除について考えてみる)の場として、活動をしています。滝落ちの会では、コロナウイルスの影響やコミュニティ空間の維持のため、人数制限をするしかない状況に置かれています。そこで、水をテーマにしたこの会で、今回はじめて「人身御供」の儀式を行います。要するに6名以上になったら誰かに帰ってもらう儀式です。


9月24日の滝落ちの会における「人身御供」のルールは以下になります。

①人数制限は5名。出入り自由。

②6名以上になったら、誰かに帰ってもらう。

③帰る人がいなければ、ゲームで生贄を決め、その者に帰ってもらう。

④その者は、その日のうちは神殿に立入りすることができない。

⑤その者は、Zoom参加できる。(その者のみZoom参加可能:死者の眼差し)

※例外として緊急時はそのルールを変えることができる。


コロナ感染対策として

・体調が悪い方、38度以上の方は参加不可

・アルコール消毒、マスク着用の徹底

のご協力をお願い致します。


ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問合せください。

何卒よろしくお願い致します。


電気神殿メタコイノン 管理人

Comments


bottom of page